BLOG ブログ
ブログ
ブログ

試作のテイスティング

こんにちは。
最近はもっぱらテイスティングばかりですが、その前に例によって例のごとく当醸造所をご紹介。

休憩時間にパラパラと読める量ですので、ご覧になったことのない方はご一読いただけると嬉しいです。

さて、本題に。
今回はとある方からのご依頼で、コーヒーを使用したビールを作って欲しいとのことでした。

クラフトビール業界の人間からすればベタ中のベタのお題ですが、やはり業界が変わればとても珍しいもの。
どのようなものが出来上がるのかとても楽しみにしてくださっているのですが、一つだけお題が。
「今まで飲んだことのないようなものをお願いします」

簡単ですが難しいお題です。
コーヒーを使用したビールは黒ビールや濃色系が多いです。

・スタウト
・ポーター
・インペリアルスタウト
・アンバーエール
・ブラウンエール

上記のような麦の旨味に特徴があるビールに対して使用されることがとても多いです。そしてなにより、ゆっくりと味わっていただくようなビアスタイルとコーヒーをかけ合わせることが多いように思います。

コーヒー自体ゆっくり楽しむものですから、相性としても当然なのかなと思います。このような背景の中、今までにない形でコーヒーをビールに使用するとなると、どうしたものか。

コーヒーが使用されることの多いビアスタイルには下記のような特徴があります。

・黒や濃色系のビール
・ゆっくりと楽しむ
・香りや味の余韻に浸る

一旦、単純に真逆に考えてみました。

・淡色系
・ゴクゴクと飲める
・爽快さやドライさ、キレがある

このような特徴から一発でラガーが思い浮かび、中でもおそらく麦との相性が良いであろうヴィエナラガーをベースとして試作をしてみることにしました。

そしてコーヒーから感じられたほのかな柑橘の香り、酸味を表現するため、それらも微調整して製造。
ラガーなのでやはり時間はかかりましたが、いい感じに味はまとまったように思います。

グラスに注いだ時に感じるキリリとした焙煎香。
アイスコーヒーを飲むときのような気軽さと、爽快さ。
そして色からは想像もできないコク、酸味、香り。

この辺はおそらく今までにない形でのコーヒーラガーになったのではないかなと思います。

ここからもう少しだけ瓶の中で熟成させて、ご依頼主様にテイスティングをお願いしようと思います。

こういった形で何か新しいものを合作するのはいつだって楽しいですね。
情勢が回復し、需要が回復するその時までに引き出しの幅を広げられたらなと思います。