BLOG ブログ
ブログ
ブログ

【商品紹介】Charider’s Porter チャリダーズポーター

商品紹介

スペック紹介

名称:Charider’s Porter (チャリダーズポーター)
ビアスタイル:イングリッシュブラウンポーター
ABV:5%
IBU:30
原材料:紅茶、大麦麦芽、小麦、ホップ

テイスティングノート

ほのかなモルトの甘味とドライさが心地よいブラウンポーターです。濃色系ビールは味が濃くて飲みづらいと思われるかもしれませんが、とても軽くて飲みやすい仕上がり。他のブルワリーのポーターと比較すると、ロースト感はやや控えめという感じです。良い意味で黒ビールの概念を覆すような一杯です。

フードペアリング

・ローストビーフやグリルチキン等の肉料理。しっかりとした味付けの料理と合わせると抜群のペアリングです。寒い季節ですと、肉まんなんかともとても良い相性です。

画像1を拡大表示

・ソーセージ等の燻製料理。スモーキーな香りがポーター特有のロースト感とベストマッチ。

画像2を拡大表示

・チョコチップクッキー等、チョコを使用したお菓子。ビールとお菓子?と思われるかもしれませんが、コーヒーとクッキーのような相性の良さです。濃色系のクラフトビールは甘いものとも案外合いますので、お試しになってみてください。大福なんかの和菓子とも良い相性です。

画像3を拡大表示

ブルワーよりご紹介

18世紀頃、ポーターは荷物運びの労働者(ポーター)から絶大な人気があったことからポーターと呼ばれるようになりました。

当時、ビールは自転車に乗った配達員によって運ばれており、彼らは仕事の合間にポーターで喉の渇きを潤し、再び仕事に出向いたそうです。

私も自転車が大好きで、昔はよく自転車に乗って各地へ赴き、夜にはご当地のビールで疲れを癒したものです。そしてDiamond Breweryを構える滋賀県も自転車に所縁のある土地で、夏になると琵琶湖を自転車で一周する「ビワイチ」を始め、自転車乗りを表す「チャリダー」の姿がたくさん見受けられます。

ビールの歴史と醸造所を構える滋賀県に自転車の縁を感じ、「Charider’s Porter(自転車乗りのポーター)」と名づけました。喉の渇きを潤すのに最適な、ドライなエールです。水っぽいということもなく、飲みごたえも十分。クラフトビール初心者にも、普段からクラフトビールを飲みなれている玄人の方にも飲んでいただきた一杯に仕上がっています。

今までいくつか醸造所で働いてきましたが、普通はペールエールやピルスナー等の軽く、華やかな種類の売れ行きが良く、スタウトやポーターといった濃色系のビールは、個性が強いと思われているせいかなかなか売れ行きは伸び悩みます。

しかし滋賀県では不思議なもので、ポーターを始めとする濃色系のエールが人気のように感じます。滋賀の土地柄や食生活、風土がそうさせるのかもしれませんね。

ご購入はこちらから。